著作物などをTシャツにプリントする場合 | オリジナルTシャツプリントとユニフォームの専門店 イメージマジック

Tシャツプリント・オリジナルプリント 専門店 イメージ・マジック
カートを見る マイページ 新規会員登録

著作物などをTシャツにプリントする場合

Tシャツなどに著作物をプリントする場合にご参考にしてください。
弊社では権利の相談は行なっておりません。独自で調査した限りを記載致しますが最終の判断は出来かねます。

 

歌の歌詞やフレーズをTシャツ等にプリント

歌詞の長い短いに関わらず、その歌の歌詞とわかる範囲で作者の許可が必要だそうです。作者の許可が得られた後にJASRACが管理している楽曲についてはJASRACへ届けるようです。ただし、著作者が自由に使っても良いと言うことであれば、届ける事も使用料も支払う必要は無いそうです。JASRAC以外には聞いていませんが、恐らくどこも同じと思います。これは個人使用であっても許可が必要だそうです。
所属事務所に堂々と電話やメールで、ファンとして「こういうTシャツを作りたい」と宣言してみてはいかがでしょうか?もしかしたら、個人使用ならOKをもらえるかもしれません。もしOKが出たらラッキーです。堂々と着られます。

歌のタイトルをTシャツ等にプリント

著作権法上では、タイトルは管理されていないので、JASRACとしては関知していないそうです。ただし、タイトルでも有名な音楽タイトルと同じ本のタイトルが出版されたら誤解を招きますよね。それと同じように誰かが勝手にタイトルをTシャツにプリントして売ったら作者としては納得いきませんよね。これも個人使用といってもやはり作者に許可をいただきましょう。ダメもとで作者や所属事務所レコード会社等ににダメもとで一度お伺いしてみたらいかがでしょうか?OKが出たら堂々と着られます。

有名タレントのアイコラやパロディのデザインをTシャツにプリント

芸能プロダクションの話によると「もしアイコラもパロディだというのであれば、堂々と名乗ってやってほしい。オープンにしてもらえれば、許容範囲の中で個別に肖像の利用を許諾する。問題は名乗らない事。彼らは目的が違う」 と語っています。ファンがタレントを傷つけず、本当に応援してくれていると思えば、黙認したり、時には応援したりしているそうです。
要するに、本当はダメなんだけど、ファンとして応援していただいているのなら、許諾するということのようです。
すべてのタレント事務所が同じというわけではないかもしれませんが、ファンとしてやはり堂々と「こういうことをしたい」という思いを一言事務所に問合わせしてみてはいかがでしょうか?ファンだったら事務所の連絡先は知ってますよね。
仮に、もしそこでダメと言われたとしたら、何処までなら良いのかを聞いてみると良いと思います。

©マークが入ったもののTシャツ等へのプリント

©マークは著作権をアピールするための物で原則的に©マーク付きの物は著作者に許可を取る必要があるそうです。かといって©マークが無ければ良いかとなるとそうでもなく、実際には著作物となる物は全て著作者に許可を取るのが無難ですので弊社にプリント依頼する場合は事前に著作者に許可を得てください。

動物の肖像権について(動物写真等のTシャツプリント)

例えば犬猫に限らず動物自身には肖像権はありませんので、動物を自分で撮影した写真をTシャツ等にプリントは可能です。ただし人が撮影した写真は、当然ですが撮影した人に著作権がありますので著作者の許可が必要になります。また、有名な犬になるとパブリシティー権というのが発生するのでこれらの写真等を勝手にTシャツ等へプリントする事はできません。有名な犬の場合は飼い主に許可が必要とのこと。

キャラクターをTシャツ等へプリント

キャラクターのプリントについては、かなりシビアに考えています。ミッキーマウスをはじめとした沢山のディズニーキャラクターやスヌーピー、キティちゃん等々有名なキャラクターは沢山あります。キャラクターは、キャラクターのライセンスを持っている方の貴重な財産です。そういう人の財産を勝手に使うのはダメです。 特にメジャーなキャラクターの場合は、個人使用であっても絶対にダメです。使用許諾が無ければお受けできません。マイナーなキャラクターの場合でも必ず著作権を所有している元に使用許諾申請が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

製作事例ダウンロードフォーム
タイルカーペット フルカラープリント

株式会社イメージ・マジック

フリーダイヤル:0120-979-265
営業時間:9:00~18:00
休日:土曜、日曜、祝祭日、その他臨時のお休み(夏季・年末年始等)